ひどい乳児湿疹の原因は、アレルギーかもしれない

乳児湿疹は、皮脂のバランスを整えることでほとんどが治ります。しかし、適切な対処法を数日続けても症状が改善しない場合は、アレルギーに詳しい医師に相談することをお奨めします。

小さな赤ちゃんを、病原菌がたくさんいる病院に連れて行くのはためらわれるかもしれませんが、実際に赤ちゃんの状態を診てもらうことが大切です。

乳児湿疹がひどい場合は、アレルギーが原因となっていることがあります。一過性の湿疹なのか、アレルギーによる湿疹なのかは、素人では判断が難しいものです。アレルギーが原因の場合は、早急に対応する必要があります。

 

食品アレルギーが原因だったとわかった事例

私の勤めていた保健センターに来た、ある赤ちゃんの事例を紹介しましょう。

生後二ヶ月の赤ちゃんがいるママを対象とした座談会を行ったときのことです。この赤ちゃんの両頬はかぶれて真っ赤になっており、首の下や耳の後ろ、肘の内側など汗の貯まりやすい箇所にたくさんの湿疹が出ていました。

「なにかケアはしてますか?」とママに訪ねると、「先月からお風呂上がりにワセリンを塗っています。乳児湿疹はいずれ治ると聞いたのですが、そういうものなんですよね?」と逆に質問されました。

ワセリンを塗っても症状は改善するどころか、医療的な処置を必要とする状態でした。

また、赤身の箇所が「耳の後ろ」や「肘の内側」に見られることが気になりました。そこでアレルギー診断で信頼のおける近所の小児科をご紹介しました。

その結果、ママが「乳児湿疹」だと思っていた症状の原因が、実は「食品アレルギー」だったと判明したのです。実は、「耳の後ろ」や「肘の内側」に赤身があることはアレルギー反応を起こしているひとつのサインと考えられています。

このケースでは、ママが口にするアレルゲンを母乳を介して赤ちゃんが摂取してしまっていました。食品以外のアレルゲンとしてはハウスダストや花粉、動物の毛などが挙げられます。何がアレルゲンかは病院で行う血液検査で特定することが出来ます。

この赤ちゃんには肌荒れを改善するための軟膏が処方され、ママはアレルゲンを除去した食事生活に切り替えました。

適切な診断と対処のおかげで受診から二週間後、症状はずいぶんと改善されました。

「夜中もぐずぐずしてご機嫌斜めなことが多いとは思ってましたが、

 子どもはきっとかゆくて不快だったのですね」

とママがお話して下さいました。前回会った時よりもママの表情がだいぶ明るくなっていおり、「つるつるになったこの子のお肌を見ると、とても嬉しいです」とにこやかに語りました。

アレルゲンの摂取を出来るだけ早い段階で抑えることが、アレルギー症状を進行させない大事なポイントです。赤ちゃんのためにもママのためにも、早めに医療機関につなげることが出来てよかったと思えたケースです。

新生児期の肌荒れの原因が「乳児湿疹」なのか「アレルギー」なのかは、素人では判断が難しいものです。可能性を感じたらお医者さんに診てもらいましょう。また原因がアレルギーでなくても、医師により適切に処方された薬で症状が改善することもたくさんあります。