赤ちゃんのウンチの状態は日によって異なります。

ここでは、ウンチの状態が心配ないものなのか、病気を疑った方がよいものなのか、といった判断の目安を説明しましょう。

 

健康な状態でのウンチの特徴

母乳のみで育っている赤ちゃんと、粉ミルクを飲んでいるあかちゃんとでは、うんちの特徴が異なります。

母乳のみのあかちゃんのうんち:

一般的にはやや黄色がかった黄土色(おうどいろ)で、形をとどめないくらいゆるい状態

粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんのうんち:

大人のうんちと似通った茶褐色で、ある程度の固まりとなって出てくる。

うんちの色が、黄土色や茶褐色なのは、消化の過程で肝臓が分泌する胆汁の働きによります。胆汁に含まれるビリルビンというアルカリ性の物質が、うんちの色の元です。

離乳食が始まると、大人と同じようなウンチの色と匂いに変わります。

 

緑色のウンチは、腸内環境が原因

ときどき、赤ちゃんのウンチが緑がかっていることがあります。これは、胆汁のビリルビンという成分が酸化した結果です。

通常、ビリルビンは大腸によって再吸収されますが、腸の働きが弱っているとウンチに残留する量が増えます。この残ったビリルビンが腸内の空気に触れることで、酸化します。酸化したビリルビンは緑色に変色するので、ウンチが緑色がかった状態になります。

赤ちゃんが機嫌良く、ウンチの色以外に変わった様子がなければ、とくに心配する必要はないとする医者が多いです。

しかし、腸の働きが弱っているということは、ビフィズス菌、乳酸菌、大腸菌など腸内細菌のバランスがいつもと異なるということです。また、腸内環境が酸性に傾いているとする説もあります。

身体は基本的にアルカリ性を保つことが望ましいとされているので、病気ではないにしても、赤ちゃんの体調は万全ではないかもしれません。

赤ちゃんの体調が気になるなら、食事内容を見直してみましょう。

母乳を与えている場合は、ママの食事内容を変えて、変化があるか見守ります。母乳はママの血液からできており、血液はママが食べたものからできているからです。

たとえば、揚げ物や乳製品、甘いお菓子などを控え、粗食な和食にします。発酵食品を意識して摂るのもよいでしょう。納豆、味噌汁、ヨーグルト、漬物、甘酒などといったものがあります。

消化の負担が少なくなると、赤ちゃんの腸の状態が改善するかもしれません。

粉ミルクを与えている場合は、量や回数が多すぎないか、確認してみましょう。赤ちゃんの消化能力を超えた量を飲ませると、腸に負担がかかると言われています。

 

酸っぱい匂いの下痢は、ウィルス感染が原因

赤ちゃんのうんちは、もともと少し酸っぱい匂いがします。腸内でビフィズス菌が増えると、ヨーグルトのようにやや酸味を帯びたにおいとなります。ビフィズス菌は、消化を助ける善玉菌なので心配はいりません。

しかし、強烈な酸っぱい匂いのする下痢は、ウィルス感染が原因と考えられます。とくに冬から春先にかけて、こうした症状が多くなります。

ウィルス感染による下痢は、水のように激しい状態が一日に何度も出るだけでなく、嘔吐を伴うことがあります。水分を受けつけない場合、脱水症状を起こし、命の危険につながる恐れがあります。赤ちゃんがぐったりしているなど不安な様子があれば、念のため小児科医を受診しましょう。

脱水症状が進行して危険な状態だと判断されたら、点滴により水分と栄養補給を行うことができます。

 

血の混じったウンチは、大腸炎かもしれない

血の混じったウンチは、O-157などの大腸菌による大腸炎などが原因と考えられます。ただし、離乳食をはじめると、トマトなどの赤い食品を血と見間違うことがあります。

赤ちゃんの様子をよく観察し、ぐったりしているなどいつもと違う様子があれば、受診しましょう。

 

イチゴジャムのようなウンチは、腸重積症を疑う

イチゴジャムのようなウンチは、腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)に特徴的な症状です。腸の一部が、腸内にもぐりこんでしまう状態です。

6ヶ月〜2才ぐらいまでの子どもに多く発症します。お腹を触ると、しこりを確認できることがあります。

発見が早ければ、食塩水や空気で圧力をかけて、もぐり込んだ部分を押し出すことができます。しかし、発症から24時間以上経過してしまうと、潜り込んだ部分が壊死する可能性が高く、開腹手術が必要です。可能性を感じたら、すぐに受診しましょう。

 

灰色のウンチは、先天性胆道閉鎖症の特徴

灰色や白っぽいウンチは、胆汁の通り道が先天的に塞がっている、先天性胆道閉鎖症という病気に特徴的な症状です。黄疸のある新生児に多く見られ、黄疸が進み、肝硬変に進行すると死に至ることがあります。

黄疸が2週間以上続いたり、一度消失した黄疸が再び現れたりといった症状と合わさっているなら、この病気を疑います。早期発見し、生後60日以内に手術をすることが予後をよくします。

このようなウンチが出たら、すぐに受診してください。