死亡保険には、4つの代表的なタイプがあります。

1) 終身保険

2) 定期保険

3) 養老保険

4) 収入保障保険

これらには、以下のような違いがあります。

・保険期間が決まっているか、否か

・保証額が一定か、否か

・満期金があるか、否か

・解約返戻金があるか、否か

ではそれぞについて説明しましょう。

 

1) 終身保険

終身保険は、その名のとおり、保険期間が一生(=終身)続く保険商品です。満期がないので、満期金はありません。契約者が亡くなった場合に、残された家族に保証額が支払われます。

なんらかの理由で途中解約をする場合、解約返戻金を受け取ることができます。つまり、中途解約をしても、亡くなるまで加入を続けても、なんらかの保証額を受け取れるタイプの保険商品です。

解約返戻金は、支払った保険料の総額よりも少し多め設定されています。つまり貯蓄性があるのです。しかしそのため、保険料がやや高めとなります。

また、亡くなった際に必ず保証額が支払われることから、相続対策の一環として加入する考え方があります。たとえば資産が不動産ばかりな場合、すぐには売却ができず分割相続が困難であったり、相続税の支払いで困ったりすることがあります。終身保険ですぐにまとまった現金が受け取れるようにすれば、残された家族は助かるでしょう。

 

2) 定期保険

定期保険とは、あらかじめ保険期間が決まっているタイプの保険商品です。保険期間が終了を迎えることを「満期」と言います。満期を過ぎると、保証額を受け取ることはできません。また、満期金がありません。満期金とは、保険期間が終了した満期時点で受け取れる保証額です。

つまり、満期を迎えるまでの間に万一の事態(契約者が死亡もしくは高度障害になる)が起きない限りは、保険会社からお金を受け取ることはありません。このため「掛け捨て型の保険」とも呼ばれます。

途中で解約した場合、大抵の場合は解約返戻金がありません。

保障期間が終了する満期を迎えた際に、契約を更新することができます。ただし、加入者の年齢が上がるにつれ、保険料は高くなります。これは病気などのリスクが高まるからです。

このように特徴を並べるとマイナス面が多いように見えますが、プラス面は保険料が安いことです。老後の資金は自分で蓄えつつ、子どもの教育費が高い時期だけ保障をつけたいといった考え方にマッチした商品です。

 

3) 養老保険

養老保険は、終身保険と定期保険の特徴を組み合わせたような保険商品です。定期保険のように保険期間が決まっていますが、終身保険のように満期金を受け取ることが出来ます。

つまり貯蓄性があり、「万一の事態に備えつつも、老後の資金を貯蓄したい」という考えにマッチした保険商品です。保険期間内に加入者に万一のことが起こらず、定年ごろに満期を迎えたら満期金を受け取ることができるのです。

デメリットとしては貯蓄性が高いため、保険料は高いことです。また途中で解約すると解約返戻金を受け取ることができますが、解約時期によっては元本割れする可能性があります。

老後の生活に向けた貯蓄をしたい、という目的だけであれば個人年金保険の方があとで戻ってくる金額の利率は高いです。しかしあくまでこちらは年金なので、万が一の保障を受けることはできません。

 

4) 収入保障保険

収入保障保険とは、保証額が変動するタイプの保険商品です。

保険期間は決まっていますが、満期金を受け取ることはできません。途中で解約した場合、解約返戻金はないか、あっても非常に少ないものです。

もっとも特徴的なのは、万が一の場合の保証額が一度に支払われるのではなく、毎月振り込まれることです。たとえば加入時に「月額20万円の保証額」「満期は60才」と定めたとします。加入者が40才のときに亡くなったら、その後20年間は毎月20万円が遺族に支払われます。亡くなったのが50才であれば、保険会社から保証額を受け取る期間は10年間です。

つまり加入者に万一のことが起きた年齢によって、支払われる保障総額が異なります。

こうした特徴から、保険料が比較的安く設定されています。

 

まとめ

保険料をできるだけ安く抑えたいのであれば、「定期保険」や「収入保障保険」が適しているでしょう。一方、貯蓄性を重視するなら「終身保険」や「養老保険」を選んだ方がよいと言えます。

 

おすすめの保険無料相談Best3

この記事を読んで、自分の加入している保険について見直したい、もしくは新たに保険に加入したいと思った方のために、信頼基準と照らし合わせて残った、数少ないお勧めできる保険無料相談Best3を紹介しましょう。

子どもの健やかな成長には、親に気持ちのゆとりがあることが大前提です。そして気持ちのゆとりを保つには、心身の安定だけではなく経済的な安定も不可欠です。

経済的に困窮すると、パパやママは生活をまわすだけで精一杯となってしまい、子どもの出すSOSに気づけなくなったり、子どもに必要以上に怒りをぶつけてしまったりしてしまうもの。

そんな事態にならないよう、保険無料相談を賢く利用してください。突然の出来事への対応をシミュレーションしたり、自分たちに必要な保険を明確化したり、具体的対応法を一覧にしたりすることができ、いざという時に必ず役立ちます。

1位) 保険マンモス ⭐️

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ⭕️

保険無料相談の先駆け的会社であり、創業10年の実績があります。ホームページは保険の基本知識を網羅し、最新の保険記事を定期的に更新しています。

社長の古川徹氏は「世の中には安くて役に立つ保険商品があるものの、コマーシャル等宣伝もなされないために普及していないのが現実であり、それをお客様にお届けしたいという思い」の元、起業した信念の持ち主です。

→保険マンモスの無料相談に申し込む


 

2位)  生命保険どっとコム

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ✖️

こちらも創業10年を誇る保険代理店です。ホームページは保険の基礎知識をしっかりと伝え、定期的に更新されるFP(ファイナンシャルプランナー)によるコラムは読み応えがあります。残念ながら、社長メッセージは掲載されていません。

しかし、登録FP(ファイナンシャルプランナー)を各県ごとに顔写真と実名で載せる取り組みから、信念をもって仕事に取り組んでいることが伺える点は評価できます。

→生命保険どっとコムの無料相談に申し込む

 

3位) みまもりほけん

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️ ⭕️

平成23年設立の若い会社ですが、ホームページの情報量はしっかりとしています。社長メッセージは、「常にお客様目線に立つことで、多様化する保険ニーズに応えることが、私たちに与えられた使命であり、責務であると考えます」と記し、お客さんの不満や不安を、安心・安全・満足なものにするため、社員一同、一期一会の気持ちを持って取り組む姿勢の会社。

ただし、みまもりほけんのホームページには社長メッセージはなく、母体である株式会社ライフデザインのホームページに行かないと読むことができないので、評価は△です。

最新保険情報などのコラム掲載はないものの、トップページに毎日や毎月の相談申し込み件数をリアルタイムで掲載したり、スタッフの顔写真をメッセージともに掲載したりと、顔の見えるサイト作りをしています。

→みまもりほけんの無料相談に申し込む