丁寧な連絡

保険の無料相談予約が完了してから当日まで、1〜2週間空くことがあります。私は5社の無料相談を利用しましたが、どこの担当者からも前日に「明日◯時にお伺いいたします」という事前連絡をもらいました。

実店舗を持っていなかったり、あまり知らない名前の会社であったりしても、このように丁寧に連絡が来ることである程度安心した気持ちで当日を迎えることができました。

 

手描きの説明

私は利用した5社に対して、あらかじめ「保険に対する基本的な知識を教えてもらいたい。その上で、お勧めするプランを提案してほしい」とお願いしてありました。

保険にはたくさんの種類がありますが、説明するFP(ファイナンシャルプランナー = 保険の営業マン)によって少しずつ説明が異なります。Aさんの説明にはなかった新たな発見がBさんの説明で聞けることがあるので、敢えて毎回講義をしてもらいました。

どのFPも、A4の白紙を取り出して、図説しながらいろいろなことを説明してくれました。手描きの図を用いながら説明をするのが基本的なやり方のようです。

出来上がったパンフレットを見ながらの説明よりも、話に合わせながら図が完成していく方がたしかに理解がしやすいと感じました。

説明を聞きながら、疑問に思ったことはその都度聞くことができます。その度に、どのFPも丁寧に解説してくれました。

実は、初回の無料相談ではたくさん質問したこともあり、面談が3時間を超えてしまいました。それでも担当FPは嫌な顔ひとつせず、じっくりと話をしてくれたことが印象的です。

 

プランの提案

一通り保険の仕組みの説明が終わってから、実際におすすめするプランを提案してもらいます。どのくらい質問するかにもよりますが、ここまでで一時間ほどかかります。

この段階で、契約者の「健康診断結果」や「年金関係の書類」を用意しておくとよいでしょう。

医療保険は、健康診断の結果により加入できるプランが異なります。喫煙習慣により加入の有無が決められているプランもあります。

年金関係の書類は、「生命保険を選ぶ際のひとつの目安」となります。老後の資金計画などと照らし合わせながら考えることが大切です。

こうした書類を見せたり話し合ったりした際に、改めて「自宅に出張できてもらってよかった」と実感しました。店舗での相談だと、他のお客さんに「自分たちの話が聞こえてしまうのでは」と気になってしまうからです。

 

子どものご機嫌

相談中、子どもには好きなDVDを小さめの音量にして見せていました。

時々飽きて、私や夫の膝にまとわりついたり、「何か食べたい」とねだったりする場面もありました。しかしそこは自宅なので、遠慮なくクッキーを食べさせたり、おもちゃを出してあげたりして、とくに困ることなく相談を進めることができました。

店舗での相談だと、子どもが飽きて帰りたがったり、お腹を空かせてぐずりだしたりするだろうことが容易に想像できます。そうなると、相談内容に集中できなくなってしまい、せっかく足を運んだ労力が無駄に終わってしまいます。

「子どもがぐずっても自宅での相談なら大丈夫」という安心感があるので、子どもの居る家庭には「出張にきてもらえる無料相談」はとてもお勧めです。

 

次回のアポはしなくてOK

保険プランの提案まで完了し、質問したいことがなくなれば、相談時間が終了となります。

この時点で「次回の相談はいつにしますか? プラン内容を詰めましょう」などと営業されるのを懸念していましたが、その心配は無用でした。

どのFPもこうした次回のアポをとることなく、「またなにかご質問などありましたら遠慮なくご相談ください」といった言葉を残して玄関を出ました。「契約を迫られている」といったプレッシャーを感じることなく相談できるのはよかったです。

 

その後について

その後、新たに質問したいことがあれば、電話なりメールなりでやりとりをすることができます。とくに必要がなければ、こちらから連絡をする必要はありません。

連絡を入れないままだと、一度はFPの方から電話かメールが来るかもしれません。

ある保険会社からは、3週間以上経ち忘れた頃に一度電話がかかってきました。「その後ご検討されましたでしょうか」と聞かれ、「検討中ですが、また聞きたいことが出ましたら連絡させていただきますね」とお伝えしました。

とくにしつこく営業されている印象を受けることはなく、適度な距離でお話することができました。このFPからこのあと連絡がくることはありませんでした。

5社の保険無料相談を試した結果、「しつこい営業」をその後かけられて不快な思いをすることはありませんでした。

 

おすすめの保険無料相談Best3

この記事を読んで、自分の加入している保険について見直したい、もしくは新たに保険に加入したいと思った方のために、信頼基準と照らし合わせて残った、数少ないお勧めできる保険無料相談Best3を紹介しましょう。

子どもの健やかな成長には、親に気持ちのゆとりがあることが大前提です。そして気持ちのゆとりを保つには、心身の安定だけではなく経済的な安定も不可欠です。

経済的に困窮すると、パパやママは生活をまわすだけで精一杯となってしまい、子どもの出すSOSに気づけなくなったり、子どもに必要以上に怒りをぶつけてしまったりしてしまうもの。

そんな事態にならないよう、保険無料相談を賢く利用してください。突然の出来事への対応をシミュレーションしたり、自分たちに必要な保険を明確化したり、具体的対応法を一覧にしたりすることができ、いざという時に必ず役立ちます。

1位) 保険マンモス ⭐️

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ⭕️

保険無料相談の先駆け的会社であり、創業10年の実績があります。ホームページは保険の基本知識を網羅し、最新の保険記事を定期的に更新しています。

社長の古川徹氏は「世の中には安くて役に立つ保険商品があるものの、コマーシャル等宣伝もなされないために普及していないのが現実であり、それをお客様にお届けしたいという思い」の元、起業した信念の持ち主です。

→保険マンモスの無料相談に申し込む


 

2位)  生命保険どっとコム

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ✖️

こちらも創業10年を誇る保険代理店です。ホームページは保険の基礎知識をしっかりと伝え、定期的に更新されるFP(ファイナンシャルプランナー)によるコラムは読み応えがあります。残念ながら、社長メッセージは掲載されていません。

しかし、登録FP(ファイナンシャルプランナー)を各県ごとに顔写真と実名で載せる取り組みから、信念をもって仕事に取り組んでいることが伺える点は評価できます。

→生命保険どっとコムの無料相談に申し込む

 

3位) みまもりほけん

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️ ⭕️

平成23年設立の若い会社ですが、ホームページの情報量はしっかりとしています。社長メッセージは、「常にお客様目線に立つことで、多様化する保険ニーズに応えることが、私たちに与えられた使命であり、責務であると考えます」と記し、お客さんの不満や不安を、安心・安全・満足なものにするため、社員一同、一期一会の気持ちを持って取り組む姿勢の会社。

ただし、みまもりほけんのホームページには社長メッセージはなく、母体である株式会社ライフデザインのホームページに行かないと読むことができないので、評価は△です。

最新保険情報などのコラム掲載はないものの、トップページに毎日や毎月の相談申し込み件数をリアルタイムで掲載したり、スタッフの顔写真をメッセージともに掲載したりと、顔の見えるサイト作りをしています。

→みまもりほけんの無料相談に申し込む