個人年金保険とは

個人年金保険とは、貯蓄性が高いタイプの保険の総称です。少子高齢化社会が進む現代日本では、国の年金を当てにして老後の生活を送ることはもはや困難です。老後の生活を安心して送るには、若いうちから個人で貯蓄する必要があります。個人年金保険とは、老後に向けた貯蓄をする方法のひとつです。

主に以下の種類があります。

「終身年金」・・・生きている限り継続して年金を受け取れる。保障が一生涯のため、保険料が割高です。

「保障期間付き終身年金」・・・保証期間中は生死に関係なく年金が受け取れ、その後は被保険者が生存している限り終身にわたり年金が受け取れる。保証期間中に被保険者が死亡した場合、残りの保証期間に対応する年金、または一時金が支払われます。

「有期年金」・・・契約時に決めた期間だけ、年金を受け取れる。保険料が一番安いです。

「保障期間付き有期年金」・・・保障期間中は生死に関係なく年金が受け取れ、その後は契約時に定めた年金受取期間中、被保険者が生存している限り年金が受け取れる。保障期間中に被保険者が死亡した場合、残りの保障期間に対応する年金、または一時金が支払われます。保障期間のないものもあります。

「確定年金」・・・生死に関係なく契約時に定めた一定期間、年金が受け取れる。年金受取期間中に被保険者が死亡した場合、残りの期間に対応する年金、または一時金が支払われます。

「夫婦年金」・・・夫婦いずれかが生存している限り年金が受け取れる。

 

個人年金保険のメリットとは

個人年金による貯蓄には、3つのメリットがあります。それは「 銀行の普通預金よりも利率が良いこと」「確実な貯蓄ができること」「 個人年金保険料控除により所得控除を受けられること」です。

それぞれについて簡単に解説しましょう。

まず「銀行の普通預金よりも利率が良いこと」についてです。低金利の今、銀行の普通預金にお金を置いておいても利息はほとんどつきません。個人年金保険の利息は、現行の銀行利息よりも高いものがほとんどです。よく吟味して選ぶことで、お金を増やすことができます。

つぎに「確実な貯蓄ができること」です。これは銀行から自動引き落としであることと、解約しない限り引き出せないこととによります。「口座にまとまったお金があると使ってしまう」といった、自分で貯蓄をするのが苦手な人にとっては確実性がメリットとなります。

さいごに「個人年金保険料控除により所得控除を受けられる」点です。個人年金保険が税制適格要件を満たし、税制適格特約を付加されると、個人年金保険料控除として所得税年間最高4万円、住民税年間最高2.8万円の所得控除が受けられます。またこれは一般の生命保険料控除とは別枠となります。会社員であれば、年末調整で一定額の還付を受けることができます。

 

個人年金保険のデメリットとは

個人年金保険のデメリットは、「確定型の場合、インフレに対応できないこと」と「保険会社が破綻した場合、将来受け取る年金額が減らされる可能性があること」です。

それぞれについて説明しましょう。

まず「確定型の場合、インフレに対応できない」点についてです。確定型年金の場合、年金に加入する時点で将来受け取る年金額を定めます。

たとえば、毎月10万円と設定されているとしましょう。日本が大幅なインフレに陥いると、加入時は10万円で買えたものが20万円払わないと手に入らないという事態になるかもしれません。こうなると「期待していた年金額の半分しかもらえていない」と感じることになります。

つぎに「保険会社が破綻した場合、将来受け取る年金額が減らされる可能性」についてです。保険業法に基づき、「生命保険契約者保護機構」に国内で事業を行う全ての生命保険会社がて加入しています。

生命保険会社が破綻した場合、この生命保険契約者保護機構が「責任準備金」の90%を保障します(責任準備金とは、保険会社が将来の保険金・年金・給付金等の支払いに備え、収入保険料の一部を積み立てたお金のことです。)

簡単に言うと、保険会社が破綻した際は、払い込んだ金額の9割程度は戻ってくるが、1割程度損をする可能性があるということです。

このようなリスクをどう捉え、どのように保険を選ぶかは人それぞれです。自分のライフプランや貯蓄方針などと照らし合わせながら選ぶことが大切です。「それはよくわかるけど、いったいどこから手を付けていいのかわからない…」という方が多いでしょう。かくいう私もその1人でした。

そこで私はFP(Financial Planner =ファイナンシャルプランナー)の無料相談を利用しました。実は申し込み時点では、「収入額や貯蓄額などについて根掘り葉掘り聞かれるのでは」と内心不安に思っていました。

ところが実際の相談では、こうしたことは全く聞かれませんでした。聞かれたのは「自分と夫の年齢」「子どもの生年月日」「喫煙の有無」だけでした。これらの条件が保険料に反映するためです。

そして保険というもののシステムについて、丁寧に説明をしてもらいました。結果として保険に関する理解が深まり、いろいろ質問に答えてもらったおかげで「自分たちには何が必要か」を整理することができました。

「無料相談と言って、あとからしつこい営業をかけられないか心配」という方は、ぜひ私の利用した保険相談を利用してみてください。もちろん無料相談です。しつこい勧誘をされることなく、知りたいことを教えてもらい、将来プランを整理するよいきっかけとなりました。

 

おすすめの保険無料相談Best3

この記事を読んで、自分の加入している保険について見直したい、もしくは新たに保険に加入したいと思った方のために、信頼基準と照らし合わせて残った、数少ないお勧めできる保険無料相談Best3を紹介しましょう。

子どもの健やかな成長には、親に気持ちのゆとりがあることが大前提です。そして気持ちのゆとりを保つには、心身の安定だけではなく経済的な安定も不可欠です。

経済的に困窮すると、パパやママは生活をまわすだけで精一杯となってしまい、子どもの出すSOSに気づけなくなったり、子どもに必要以上に怒りをぶつけてしまったりしてしまうもの。

そんな事態にならないよう、保険無料相談を賢く利用してください。突然の出来事への対応をシミュレーションしたり、自分たちに必要な保険を明確化したり、具体的対応法を一覧にしたりすることができ、いざという時に必ず役立ちます。

1位) 保険マンモス ⭐️

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ⭕️

保険無料相談の先駆け的会社であり、創業10年の実績があります。ホームページは保険の基本知識を網羅し、最新の保険記事を定期的に更新しています。

社長の古川徹氏は「世の中には安くて役に立つ保険商品があるものの、コマーシャル等宣伝もなされないために普及していないのが現実であり、それをお客様にお届けしたいという思い」の元、起業した信念の持ち主です。

→保険マンモスの無料相談に申し込む


 

2位)  生命保険どっとコム

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ✖️

こちらも創業10年を誇る保険代理店です。ホームページは保険の基礎知識をしっかりと伝え、定期的に更新されるFP(ファイナンシャルプランナー)によるコラムは読み応えがあります。残念ながら、社長メッセージは掲載されていません。

しかし、登録FP(ファイナンシャルプランナー)を各県ごとに顔写真と実名で載せる取り組みから、信念をもって仕事に取り組んでいることが伺える点は評価できます。

→生命保険どっとコムの無料相談に申し込む

 

3位) みまもりほけん

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️ ⭕️

平成23年設立の若い会社ですが、ホームページの情報量はしっかりとしています。社長メッセージは、「常にお客様目線に立つことで、多様化する保険ニーズに応えることが、私たちに与えられた使命であり、責務であると考えます」と記し、お客さんの不満や不安を、安心・安全・満足なものにするため、社員一同、一期一会の気持ちを持って取り組む姿勢の会社。

ただし、みまもりほけんのホームページには社長メッセージはなく、母体である株式会社ライフデザインのホームページに行かないと読むことができないので、評価は△です。

最新保険情報などのコラム掲載はないものの、トップページに毎日や毎月の相談申し込み件数をリアルタイムで掲載したり、スタッフの顔写真をメッセージともに掲載したりと、顔の見えるサイト作りをしています。

→みまもりほけんの無料相談に申し込む