がん保険とは

がん保険とは、文字どおり癌の診断を受けた際に保障額を受け取れる保険商品です。癌に特価していない通常の医療保険でも、治療代や入院代の保障を受けることができます。

その上でがん保険に加入するメリットは、「一時金」を受け取ることが出来る点です。

 

癌によってかかる費用

癌にかかった場合、以下の事態が想定されます。

・治療が長引き自己負担額が高くなる

・再発し、治療を再開する

・治療中に収入が途絶える、もしくは減額する

・治療を希望する病院が遠方で交通費がかかる

・ウィッグの購入など術後のケアを要することがある

治療期間が長いほど、診察代、薬代、交通費などがかさみます。癌の種類によっては再発をしやすく、いったん通常の生活に戻っても再び治療に専念しなくてはならないケースがあります。病状や治療次第で体力が落ちたり入院退院を繰り返すなどの理由により、働き続けるのが困難なことも稀ではありません。

また抗がん剤の副作用で髪が抜け落ちてしまうことがあります。もし自分がその状態になったら、きっと私はウィッグを購入すると思います。ウィッグにはさまざまな価格帯がありますが、髪の地色に馴染んで自然に見える出来映えのものは10万円ほどするようです。

この他に、公的医療保険と通常の民間医療保険の対象外となる「先進医療」を受ける可能性があります。先進医療とは「厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われる治療」であり、「患者が希望し、医師がその必要性と合理性を認めた場合に行われるもの」です。先進医療は全額自己負担であり、高額なものでは300万円ほどかかります。

先進医療ではなく、代替医療を選択することもある可能性もあるでしょう。代替医療にはホメオパシー、食事療法など様々ありますが、いずれも医療保険の適応外です。

こうしたさまざまな出費を、がん保険の一時金である程度賄うことができます。

 

保証額の給付タイプ

がん保険の保証額の給付には、いくつか項目があります。保険商品によりどの給付が受けられるか、いくら保障されるのか異なります。給付の基本項目は「診断給付金」「入院給付金」「手術給付金」「通院給付金」です。商品によってさらに「先進医療給付金」「治療給付金」などを付加することができます。

いかにそれぞれの内容を簡単にまとめました。

 

「診断給付金」

診断給付金は、初めて癌と診断確定されたとき、または一旦治療終了後に癌が再発したと診断確定されたときに受け取れます。回数に制限はありません。(ただし、二度目以降の給付には、前回の診断確定から2年以上空いている必要があるなどの条件が保険会社により定められています。)

「入院給付金」
入院給付金は、癌の治療のために入院した場合、入院日数に応じた金額を受け取ります。一日の入院でも適応されます。
「手術給付金」
手術給付金は、癌の治療のために約款所定の手術を受けた場合に受け取れます。一回につき受け取れる金額は、契約保険料により決まります。たとえば、一回につき20万円や30万円といった金額を選べます。多くの保険会社では、手術の度に給付を受けることが可能ですが、手術と手術の間が何日以上空いている必要があるなどの細かい制限があることもあります。
「通院給付金」
通院給付金は、入院前後の一定期間に癌治療のため通院した際、通院日数に応じて受け取れます。「一回の入院につき45日を上限とする」「通算で730日以内とする」など細かい規則は保険商品により異なります。また癌治療を直接の目的としない通院は対象外です。
「先進医療給付金」
先進医療給付金は、全額自己負担となる厚生労働省の定める先進医療に関わる費用を保障します。先進医療の内容は、定期的に変更される可能性があります。保証額は保険料に応じて変わりますが、300万円から1000万円と幅広い商品から選ぶことができます。
「治療給付金」
治療給付金は、公的医療保険制度の給付対象である抗がん治療を月に1回以上受けた場合、月ごとに給付されます。保険会社によりプランはさまざまですが、たとえば毎月の上限が10万円で、通算60ヶ月(つまり5年間)支払うといったものがあります。
上記のうち、「先進医療給付金」と「治療給付金」は特約扱いとなります。自分にとっての必要性と保険料をよく吟味した上で加入することが大切です。

おすすめの保険無料相談Best3

この記事を読んで、自分の加入している保険について見直したい、もしくは新たに保険に加入したいと思った方のために、信頼基準と照らし合わせて残った、数少ないお勧めできる保険無料相談Best3を紹介しましょう。

子どもの健やかな成長には、親に気持ちのゆとりがあることが大前提です。そして気持ちのゆとりを保つには、心身の安定だけではなく経済的な安定も不可欠です。

経済的に困窮すると、パパやママは生活をまわすだけで精一杯となってしまい、子どもの出すSOSに気づけなくなったり、子どもに必要以上に怒りをぶつけてしまったりしてしまうもの。

そんな事態にならないよう、保険無料相談を賢く利用してください。突然の出来事への対応をシミュレーションしたり、自分たちに必要な保険を明確化したり、具体的対応法を一覧にしたりすることができ、いざという時に必ず役立ちます。

1位) 保険マンモス ⭐️

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ⭕️

保険無料相談の先駆け的会社であり、創業10年の実績があります。ホームページは保険の基本知識を網羅し、最新の保険記事を定期的に更新しています。

社長の古川徹氏は「世の中には安くて役に立つ保険商品があるものの、コマーシャル等宣伝もなされないために普及していないのが現実であり、それをお客様にお届けしたいという思い」の元、起業した信念の持ち主です。

→保険マンモスの無料相談に申し込む


 

2位)  生命保険どっとコム

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ✖️

こちらも創業10年を誇る保険代理店です。ホームページは保険の基礎知識をしっかりと伝え、定期的に更新されるFP(ファイナンシャルプランナー)によるコラムは読み応えがあります。残念ながら、社長メッセージは掲載されていません。

しかし、登録FP(ファイナンシャルプランナー)を各県ごとに顔写真と実名で載せる取り組みから、信念をもって仕事に取り組んでいることが伺える点は評価できます。

→生命保険どっとコムの無料相談に申し込む

 

3位) みまもりほけん

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️ ⭕️

平成23年設立の若い会社ですが、ホームページの情報量はしっかりとしています。社長メッセージは、「常にお客様目線に立つことで、多様化する保険ニーズに応えることが、私たちに与えられた使命であり、責務であると考えます」と記し、お客さんの不満や不安を、安心・安全・満足なものにするため、社員一同、一期一会の気持ちを持って取り組む姿勢の会社。

ただし、みまもりほけんのホームページには社長メッセージはなく、母体である株式会社ライフデザインのホームページに行かないと読むことができないので、評価は△です。

最新保険情報などのコラム掲載はないものの、トップページに毎日や毎月の相談申し込み件数をリアルタイムで掲載したり、スタッフの顔写真をメッセージともに掲載したりと、顔の見えるサイト作りをしています。

→みまもりほけんの無料相談に申し込む