FP(ファイナンシャルプランナー)の意味

保険商品を扱う会社案内やサイトを見ると「FPによる無料相談」などとよく書かれています。ではFPとはどんな肩書きなのでしょうか?  FPの資格はいくつか存在しますが、資格を持っていなくてもファイナンシャル・プランナーという職種名で相談を受けても実は違法にはなりません。

そのため、特別な知識がないのにFPと名乗っている場合があります。

「名詞に正式な資格の記載があるか」「どのような資格をお持ちですか?と聞いたらすぐに答えることができるか」をチェックすることが、本物のFPを見分けるコツのひとつです。

そしてFPがどのような資格なのかを理解しておきましょう。

 

FPの職務内容

FPとは、Financial Planner ファイナンシャルプランナー の略です。Financialとは英語で「経済的な、財政的な」という意味であり、Plannerとは「計画を立てる人」という意味です。FPを翻訳すると「財政立案者」です。

個人ならびに企業の財政に関わること全般が職域です。ここでは個人を顧客にしたFPについて説明します。

FPとは、「お金の流れを通して個人の生活を支えるアドバイザーである」というとわかりやすいでしょう。「保険」に限らず、「資産運用」「住宅購入」「家計の節約」などさまざまな面で相談に乗るのが仕事です。

日本ではようやく知られるようになった存在ですが、金融先進国であるアメリカでは、弁護士や医師と並んで知名度が高い職業です。

 

FPの資格とは

FPには「国家資格」「「民間資格」「国際資格」があります。

国家資格は「FP技能士」と言い、1級から3級まであります(1級が最も難しいレベルです)。日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会と金融財政事情研究会(きんざい)の2団体により実施されています。一度合格した資格に有効期限はなく、更新の必要がありません。

民間資格には、日本FP協会による認定する「AFP」と「CFP」があります。国家資格との最大の違いは、「資格更新の必要があること」です。資格を更新するためには、定められた継続教育期間中(おおよそ2年間)に必要な単位(AFPは15単位以上、CFPは30単位以上)を取得しなければなりません。

AFPは  Afilliate Financial Plannerの略です。Affilitedとは英語で「加盟している」提携している」などの意味です。つまりFP協会に属していることを表します。

国家資格のFP技能士2級に相当する知識レベルとされています。このためFP技能士2級に合格した者は、日本FP協会が認定する研修を受講し、登録の手続きをするだけでAFPの資格も取得できます。

一方、CFPとは「AFPの上級資格」のこと、Certified Financial Plannerの略ですCertifiedとは英語で「資格を与えられた」という意味です。

CFPは日本FP協会だけではなく、米国CFP資格認定委員会との提携により認定される国際資格です。つまりCFPは世界標準資格として、国際的に通用する資格です。また、FP技能士1級に相当します。

日本FP協会は会報誌を毎月発行しており、刻々と変化する金融や経済などの最新情報や、FPとして知っておくべき税法などの知識を発信しています。

このようにAFPとCFPの資格維持には勉強が不可欠なため、AFPもしくはCFPを取得しているFPであれば「最新の情報を入手していること」と「常に勉強していること」を期待することができます。

 

おすすめの保険無料相談Best3

この記事を読んで、自分の加入している保険について見直したい、もしくは新たに保険に加入したいと思った方のために、信頼基準と照らし合わせて残った、数少ないお勧めできる保険無料相談Best3を紹介しましょう。

子どもの健やかな成長には、親に気持ちのゆとりがあることが大前提です。そして気持ちのゆとりを保つには、心身の安定だけではなく経済的な安定も不可欠です。

経済的に困窮すると、パパやママは生活をまわすだけで精一杯となってしまい、子どもの出すSOSに気づけなくなったり、子どもに必要以上に怒りをぶつけてしまったりしてしまうもの。

そんな事態にならないよう、保険無料相談を賢く利用してください。突然の出来事への対応をシミュレーションしたり、自分たちに必要な保険を明確化したり、具体的対応法を一覧にしたりすることができ、いざという時に必ず役立ちます。

1位) 保険マンモス ⭐️

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ⭕️

保険無料相談の先駆け的会社であり、創業10年の実績があります。ホームページは保険の基本知識を網羅し、最新の保険記事を定期的に更新しています。

社長の古川徹氏は「世の中には安くて役に立つ保険商品があるものの、コマーシャル等宣伝もなされないために普及していないのが現実であり、それをお客様にお届けしたいという思い」の元、起業した信念の持ち主です。

→保険マンモスの無料相談に申し込む


 

2位)  生命保険どっとコム

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭕️ ⭕️ ✖️

こちらも創業10年を誇る保険代理店です。ホームページは保険の基礎知識をしっかりと伝え、定期的に更新されるFP(ファイナンシャルプランナー)によるコラムは読み応えがあります。残念ながら、社長メッセージは掲載されていません。

しかし、登録FP(ファイナンシャルプランナー)を各県ごとに顔写真と実名で載せる取り組みから、信念をもって仕事に取り組んでいることが伺える点は評価できます。

→生命保険どっとコムの無料相談に申し込む

 

3位) みまもりほけん

おすすめ度 保険情報や知識 定期的な更新 社長メッセージ
⭐️⭐️⭐️ ⭕️

平成23年設立の若い会社ですが、ホームページの情報量はしっかりとしています。社長メッセージは、「常にお客様目線に立つことで、多様化する保険ニーズに応えることが、私たちに与えられた使命であり、責務であると考えます」と記し、お客さんの不満や不安を、安心・安全・満足なものにするため、社員一同、一期一会の気持ちを持って取り組む姿勢の会社。

ただし、みまもりほけんのホームページには社長メッセージはなく、母体である株式会社ライフデザインのホームページに行かないと読むことができないので、評価は△です。

最新保険情報などのコラム掲載はないものの、トップページに毎日や毎月の相談申し込み件数をリアルタイムで掲載したり、スタッフの顔写真をメッセージともに掲載したりと、顔の見えるサイト作りをしています。

→みまもりほけんの無料相談に申し込む