乳児湿疹の特徴

生まれてら1ヶ月以内の赤ちゃんの顔や頭に、湿疹ができることが多く、これを乳児湿疹と呼びます。乳児湿疹は、たいていの場合は生後4ヶ月ごろまでに消えます。

主に、顔や頭皮に発生しますが、首や身体にできることもあります。髪の毛や眉毛の生えている部分には、黄色っぽい油脂が固まってついたり、うろこ状にこびりついたりもします。

見た目のインパクトが強いので、なんとか直したいと思ってしまうママも多いでしょう。一方赤ちゃん自身は、アトピー性皮膚炎と違ってかゆみがあまりないので、気にしない場合がほとんどです。

 

乳幼児湿疹の原因とは

乳児湿疹の原因については、二通りの説があります。

ひとつは、ママの体内に居たときのホルモンの影響が残っているためという説であり、時期がくれば自然に症状が解消するという考え方です。ほとんどの医療機関は、この説を支持しています。

もうひとつは、口にする母乳や粉ミルクに含まれる過剰な油分を、赤ちゃんの身体が解毒しているという説です。この考え方は、なるべく薬に頼らず、身体のやバランスや免疫力を高めることを大切にする助産師、鍼灸師、整体師などにより支持されています。

 

一般的な医療機関による対処法

一般的な医療機関では、湿疹に対して対処療法が行われます。

お風呂では石けんをしっかり使って油脂を丁寧に洗い流し、炎症が強い箇所にはロコイドなどのステロイド剤を流布するよう指導されます。

こうした対処法により、改善することが多いのが事実です。しかし、ステロイド剤の使用は、赤ちゃんの肌バリアの機能を損なうリスクがあるので、使用は最低限にした方がよいでしょう。

肌バリアとは、肌から自然に分泌される油脂による皮膚膜であり、乾燥から肌を守ります。また、そこに住む常在菌が、紫外線によるダメージや病原菌の侵入を防いでくれます。

肌バリアの機能が損なわれると、そこへ侵入した病原菌により肌荒れを起こしたり、乾燥が慢性化してアトピー性皮膚炎に発展する可能性が高くなります。

また、石けんを使いすぎると、必要以上に油脂を落としてしまう可能性があります。湿疹のある箇所以外は、さっと洗い流す程度にとどめましょう。洗い過ぎは、ステロイド剤の使用と同様、肌バリアの機能を損なう恐れがあります。

医療機関による対処法を行う場合は、このように肌バリアに与えるリスクをきちんと理解して行いましょう。

 

食べ物やスキンケアを大事にする方法

なるべく薬に頼らず、身体のやバランスや免疫力を高めることを大切にする助産師、鍼灸師、整体師などでは、ママや赤ちゃんが口にする食べ物や、スキンケア方法が大事だと考えます。

赤ちゃんの口に入る油分の量が多すぎることで、赤ちゃんの身体がそれら分解・吸収しきれず、湿疹として対外に出していると考えます。ママ自身も、甘いケーキやこってりとした洋食を何日間か続けて食べたら、顔に吹き出物ができてしまったという経験があるでしょう。

母乳の場合は、ママの食事内容を見直します。揚げ物や中華料理、クリームソースやチーズを多用した洋食、スナック菓子やケーキ類を減らし、和食中心の食生活に切り替えます。和食中心にすると、自然と油分を減らすことができます。

私が会ったあるママは、自分が体調を崩して3日間お茶しか飲めないでいたら、母乳を与えていた赤ちゃんの乳児湿疹が治ってしまった、と話してくれました。

効果の出方には個人差があるでしょうか、母乳がママの血液でできており、血液が食べ物がからできている以上、全く無関係ということはないでしょう。

粉ミルクの場合は、メーカーを変えてみます。もし粉ミルクに含まれる乳糖を赤ちゃんが分解できないことが湿疹の原因だった場合には、乳糖を含まないアレルギー対応の粉ミルクも販売されています。

また、スキンケアの方法は、薬を使うのではなく、油分をこまめに洗い流すことが推奨されます。人肌の温度のお湯で湿らせたガーゼで、やさしく湿疹のある部分を抑えながら拭きます。これを一日4〜5回繰り返します。余分な油分がなくなることで、肌バリアの機能が回復します。

また、先に述べたように、石けんに界面活性剤が入っていると必要以上に皮脂を奪ってしまい、肌バリアが壊れて逆に炎症を招くことがあります。

ベビー用として販売されていても、成分表を見ると界面活性剤をはじめとした添加物が入っていることがほとんどです。石けんは本来アルカリ性なので、弱酸性の商品は「肌にやさしい」と書かれていても、肌に負担を与える界面活性剤が必ず配合されています。

赤ちゃんの肌本来のバリア機能を大事にする考え方では、「純石けん」と表示されたものや、成分表に「石けん素地」とだけ書かれているものを推奨しています。