アレルギー症状は、免疫システムと密接な関係にあります。まずは、免疫システムの働きから説明しましょう。

 

免疫システムが抗体をつくる

免疫システムは、外部から身体に侵入しようとする病原体などの異物を排除するために存在します。身体は異物を感知すると、それと闘うための特定の抗体を作り出します。

(抗体にはIgE抗体、IgG抗体、IgA抗体、IgM抗体、IgD抗体の五種類がありそれぞれ働きがありますが、ここでは詳しい説明は省きます)

これら抗体は免疫システムに記憶されます。そして同じ異物が再び侵入しようとしたとき、免疫記憶にある抗体がそれを体外に追い出す働きをします。

このようにウィルスや細菌から身体を守るために必要不可欠な免疫システムですが、時に過剰に働いてしまうことがあり、身体に本来は無害な物質まで排除しようとしてしまいます。

免疫システムが過剰に働く原因は、まだ完全には解明されていませんが、腸内の細菌バランスや精神的なストレスが免疫システムのバランスに影響するといった説が有力です。

 

過剰に産生された抗体が、アレルギー症状の原因

抗体は、身体中の粘膜(目、鼻、口、肺、皮膚、腸など)に存在するマクロファージという細胞と結合しやすい性質を持っています。そのため、過剰に産生され排除すべき外敵の見つからない抗体は、必然的に身体中のマクロファージと結合します。

そして抗体と結合すると、マクロファージはヒスタミンなどの物質を放出する性質をもっています。

このヒスタミンの働きは、血管を拡張させることで血液の流れをよくしたり、消化活動を活発にするなどです。しかし過剰な抗体数のせいでヒスタミンが大量に体内に放出されてしまうと、さまざまな炎症を引き起こしてしまいます。

過ぎたるは及ばざるがごとし、ということですね。

ヒスタミンの放出された場所が、たとえば肺であれば気管支炎を、皮膚であれば皮膚炎を、鼻であれば鼻水や鼻づまりを、といった具合に症状が出ます。そのほかに自律神経のバランスを崩す原因となり、倦怠感や眠気、頭痛などを引き起こすこともあります。

いわゆるアレルギー症状と呼ばれるものです。

闘う相手がいないならば、抗体が待機したり自然と消滅してくれればこうした症状は出ないわけですが、残念ながらそのような仕組みにはなっていないようです。

花粉症やハウスダストなどのアレルギー症状を訴えて医者に行くと、「抗ヒスタミン剤」という薬が処方されます。抗ヒスタミン剤とは、文字通り”ヒスタミンと対抗する薬”です。

それは、このように大量に体内で分泌されてしまったヒスタミンという物質ががアレルギー症状を引き越しているためです。炎症の原因となっているヒスタミンの働きを抑えることで、症状はある程度軽減されます。

症状が皮膚に現れている場合は、皮膚の炎症を抑えるステロイド剤や保湿を補うための軟膏が処方されます。ステロイド剤を流布すると症状はすぐに改善しますが、長期間に渡って使用を続けると効果がなくなったり、使用を中止すると今まで以上にひどい症状に悩まされたりするといったリスクがあります。

しかしながら、こうした抗ヒスタミン剤、ステロイド剤、保湿用の軟膏などはあくまで対処療法であり、過剰にヒスタミンを分泌してしまうアレルギー体質の根本的な解消には残念ながらつながりません。

 

抗体の働きだけでは説明しきれないアレルギー症状

しかし血液検査で抗体値を調べると、抗体値が低いのにアレルギー反応が強い、もしくは抗体値が高いのにアレルギー反応があまりないという人がいることもわかっています。

こうしたケースでは、まだ現代医学では解明できていない方法で身体が調整を図っているのかもしれません。また、抗体の働きだけがアレルギー症状の要因ではないとも考えられます。

 

アレルギー症状の改善にはカッピング(吸い玉)療法を

まだアレルギー症状が起きる仕組みの全容は明らかにされていませんが、症状を改善する療法はいくつか存在します。どの療法が効果的か、またその家族にとって実践可能かはケースバイケースであり、考え方に納得した上で行うことが大切です。

当サイトでは、東洋で昔から存在するカッピング(吸い玉)療法をアレルギー体質改善のひとつの方法としてご紹介しています。

私自身、ひどいスギ花粉症やハウスダスト症状に悩まされていましたが、カッピングを続けるうちにいつの間にか症状が出なくなりました。また、子ども達にアレルギー症状が出た時にカッピングを行うと、実際に改善が見られます。

他にも、つわりが和らいだり、ひどい肩こりや腰痛が改善したり、足のむくみが取れたりといったさまざまな効果があります。薬のように副作用が出る心配がないのも、安心して使えるポイントです。

家族同士でコミュニケーションを取りながら、もしくは一人で好きな時間に、お金をかけずに手軽にできるこの療法をぜひ多くのママたちに知っていただきたいです。