*無料メルマガ「自分も子どもも大切にする子育て」登録はこちらへ

子どもがハウスダストアレルギーのため、安心して旅行に行けない

子どもがハウスダストアレルギーの症状を持っていると、滞在先の寝具に反応して症状が悪化することがあります。これでは安心して旅行に行ったり、実家に滞在したりできません。

咳や目のかゆみ、鼻水などのアレルギー症状の悪化は、滞在先の布団に潜むダニやその死骸が原因です。

一度咳き込みが始まると気管が敏感になり、日中でも咳が出るようになってしまったり、鼻づまりや免疫力の低下からそのまま風邪をひいてしまったりして、帰宅後も体調不良が長引く傾向にあります。

こうした経験をすると、旅行中でも子どもの体調に絶えず気を配らなければいけませんし、そもそも旅行の計画を楽しい気持ちでできなくなってしまうこともあり、とても残念ですね。

滞在先に、スザキーズのように洗える寝具一式を運べればよいのですが、それは現実的ではありません。

我が家の息子も比較的強いハウスダストアレルギーの症状を持っているのですが、この悩みを解消してくれたのが、ダニを通さない高密度シーツです。滞在先に布団一式を運ぶことは無理でも、シーツなら持っていくことができるからです。

 

高密度シーツとは

一般的なシーツは、綿で織られています。綿は肌当たりや汗の吸収率が高くて使い心地はよいのですが、密度が低いためダニにとっては通り道だらけです。

一枚の布団には、ダニが数百万匹も生息していると言われています。一般的な綿のシーツをかけた状態では、目には見えない無数のダニが、布団の内部からシーツの表側まで自由に出入りできる状態にあります。

これでは、ハウスダストアレルギーの症状が出て当然でしょう。

一方、ダニを通さない特殊な素材と織り方で製造した高密度シーツというものがあります。高密度シーツだと、下の写真のようにダニはシーツを通過することができません。

dani-dguard

このような高密度シーツを使うことで、滞在先の布団に潜むダニを吸いこむ確率を大幅に下げることができます。

「このシーツを荷物に入れていけば、ハウスダストアレルギーがあまりひどくならずに済む」と思えれば、ママも気持ちを楽にして旅行に行ったり、のんびりした気分で実家滞在を満喫したりできますね。

私の実家では、ダニの温床になりやすい羽毛布団を使っています。帰るたびに咳き込む我が子を見せてしまうので、親に対して申し訳なく思っていました。親も、孫には楽しく滞在してほしいと願っているのを知っているからです。

かといって今の布団を捨ててくれとも、わざわざ新しい防ダニ布団を買ってくれともなかなか言えませんでしたし、自分で購入して送るにしても失礼な気がしてできませんでした。送りつけられたあと、もともとある布団の処理や置き場にも困るでしょう。

それが、高密度シーツを使うようになってからはだいぶ気が楽になって、本当によかったです。頻繁に実家に泊まりにっていた時期は、シーツ1セットを置いてもらっていました。それほど場所を取らないので、母も快く置いてくれたのでほっとしたものです。

スキー場のコテージなどのように、ハウスダストが気になりやすい環境への旅行も、計画しやすくなりました。

高密度シーツを使ってどれくらい症状が緩和されるかは、もともと持っているアレルギー体質の強さや、布団以外からくるハウスダストなどの環境要因によって変わるでしょう。ほとんど出ない場合もあれば、改善を感じるという場合もあります。しかし、使うのと使わないのとでは大幅に違うと私は感じています。

スギ花粉症の人が、花粉シーズンにマスクを使ったほうがいいのと同じでしょう。マスクをしたからといってアレルギー症状がなくなるわけではありませんが、マスクをしないで1日外で過ごすと症状が強く出るのは明らかです。

高密度シーツを使うか使わないかは、このようにスギ花粉症の人がマスクをするかしないかの違いと同じようなものでしょう。

 

安心できる高密度シーツの選び方

高密度シーツを選ぶにあたって、確認すべきポイントは3つあります。

1) 素材は何か?

2) 薬剤が使われていないか?

3) 日本製でアフターフォローや保証があるか?

では、それぞれについて説明しましょう。

まず 1) 素材は何か? についてです。大きく分けると、綿100%のものと、化繊のものとの2つに分かれます。

綿100%のものは、肌触りが柔らかくて心地よいことと、防ダニシーツとしては比較的お値段が安いことが利点です。たとえば、エムールという防ダニシーツ商品は、シングルのボックスシーツと掛け布団カバー、枕カバーの3点セットで7380円程度で買えます。

しかし素材の性質上、綿を高密度化する限界があるようです。下の写真は、綿100%の高密度シーツです。

dani-cottone

密度は細かいものの、ダニが通過できるスペースがあることがわかります。これでは、ダニが布団内部からシーツの表面へ出てきてしまい、ハウスダストアレルギーの症状を十分に予防できないでしょう。

一方、化繊の素材であれば、高密度な生地を織ることが技術的に可能です。ダニを通さないことが目的である以上、化繊のものを選んだ方が高い効果が期待できます。

次に、2) 薬剤が使われていないか? についてです。

薬剤加工を施すことで、ダニを寄せ付けないようにしてある製品があります。たとえば、アレルバスターという商品にはフェノール系ポリマーという物質が使われています。

アレルバスター加工技術を開発した積水化学工業株式会社のホームページには、「動物実験でも、良好な結果を確認してあります」という記載を確認することができます。しかし、どのような実験を行ったかは書かれていません。アレルバスター加工の布団を何年も使い続けることによる人体への影響は、個人差や使用環境による差もあるので、本当のところはわかりません。

また、10年前は安全だと言われた成分が、今は人体に有害だと判明した、ということはよくあります。

この動物実験の結果を信頼して購入するか否かは、各個人の判断となります。私の個人的なスタンスは、疑わしきは使用せず、です。

薬剤を使用せずに防ダニ効果のある商品があれば、そちらの方が安心だと思うからです。余計な不安はできるだけ少なくしておきたいという考えです。

最後に、3) 日本製でアフターフォローや保証があるか? についてです。

高密度シーツは、高い技術を要する商品なだけに、高額です。私も購入する前はかなり下調べをし、購入に踏み切るかを悩みました。

そのため、疑問や不安点を事前に問い合わせることができるか、不良品や使用後すぐの破損などに対して迅速な対応が期待できるか、品質保証が何年間ついているのか、などはぜひ確認しておきたいポイントだと言えます。

海外の工場で生産されたものは縫製が雑なことがあるので、品質がなによりも重要な高密度シーツを買うなら日本製のものが一番安心でしょう。

また、使用開始して1~2年程度で素材がよれてしまう不安があります。素材が綿だと、こうした現象が起きやすいようです。綿のシャツの方が、化繊のシャツよりもがやわらかくこなれてくるのと同じですね。しかし素材がよれると空間が生まれ、ダニが通過する可能性が高くなってしまいます。

高密度シーツを紹介するにあたって改めてリサーチをしたところ、5年間の品質保証がついている商品があることがわかりました。先に挙げたエムールやアレルバスター求めやすい価格なのは魅力ですが、こうした品質保証はついていません。

高密度シーツの難点

高密度シーツを買うにあたっての難点は、さきほども書いたようにその価格の高さでしょう。高い技術に対する対価なので仕方ないとはいえ、一般家庭にとっては思いつきで購入できる値段とは言えません。

たとえば、あとで紹介する一番おすすめのディーガードという高密度シーツは、シングルサイズの敷き布団シーツ、掛け布団かカバー、枕カバー2点のセットで、30,400円です。スザキーズの洗える防ダニ布団セット(40,068円)を買うのとあまり変わらない値段です。

(ただしディーガードには5年間の品質保証のおかげで、5年以内ならいつでも修理もしくは交換が可能です。5年間でこの価格を割ると1日あたり18.7円です。毎日買うペットボトル飲料を、一週間に一回辞めれば済む金額だと思えば、それほど高くないかもしれません)。

値段が高いのは確かですが、ハウスダストアレルギーにとって安心できる布団一式を持っていく効果と同じだと考えれば納得出来る、と私は結論を出しました。咳き込む我が子も可哀想ですし、家族が滞在を楽しめないぐらいなら、価値のある買い物だという判断です。

もう一点は、肌触りです。高密度な生地なためとても滑らかなのですが、綿の温かみはどうしてもありません。夏場はつるっとして気持ち良いけれど、冬場は人によっては冷たいと感じる可能性があります。

我が家ではまずガーゼケットをかけた上に高密度シーツの掛け布団をかぶるようにしてこの問題を解消しました。他には、寝る前にゆたんぽを入れておいたり部屋を温めておくなどの対処法があります。

どうしても肌触りを気にいるかどうかが不安だ、という人は価格が比較的安い枕カバーを購入して感触を確かめるという手があります。

 

おすすめできる防ダニ高密度シーツは

上記の選ぶポイントを元に、防ダニ高密度シーツをご紹介します。

おすすめ1位)★★★★★

ディーガード

0.3デニールの超極細繊維で織り上げた特殊な防ダニシーツです。シルクのような滑らかさが特長です。薬剤の使用はなく、5年間の品質保証がついています。高密度シーツを紹介するにあたり改めていろいろと調べた結果、こちらに軍配が上がりました。

あまりの人気に生産が追いつかず、2015年5月にセット販売を一時中止しましたが、生産体制を整えて再販中です。インターネット上で販売されている同じ商品名の品物については保証できない可能性があるとの記載があるので、正規ホームページより購入した方が良いでしょう。
d-guard

→公式ホームページで購入する

おすすめ2位)★★★★★

ミクロガード

安心の日本ブランド帝人が開発した防ダニシーツです。つるっとした肌触りが特長で、埃もほとんど出ません。

私が2007年に防ダニ目的で購入したのは、この商品です(ディーガードはまだ未発売でした)。買い換えることがあれば、5年保証のついたディーガードにするかもしれませんが、この商品でもアレルギー症状を抑制する効果を実感できます。旅行の時にだけ使用しているためか、5年以上経過した今でもとくに効果が落ちたとは感じません。

→アマゾンで購入する

→楽天で購入する

 

おすすめ3位)★★★★

アルファイン

同じく安心の日本ブランドである東洋紡による防ダニシーツです。こちらはポリエステル80%に対して綿20%の素材のため、肌触りのやらかさを期待できます。どうしても化繊100の商品だと肌触りに満足できない人はこちらがよいでしょう。

自社テストの結果では、化繊100%の商品と同様にダニ通過率0%。価格が最も手頃なので、予算があまり取れない場合や、とりあえず試してみたい場合にはこちらがおすすめです。

→アマゾンで購入する
 

→楽天で購入する