免疫システムと腸内細菌バランス

免疫システムがうまく機能するには、腸内の細菌バランス(腸内フローラ、腸内細菌叢とも言う)が整っていることが重要だとわかってきました。

腸内研究の第一人者である東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏や、免疫学の研究で有名な安保徹医師など多くの専門家が、臨床データを元にこのように結論づけています。

ではいったいなぜ腸内の細菌バランスが、免疫システムと関係するのでしょうか。

実は、免疫システムの7割が腸に集中しているからなのです。

腸は、身体の中にくねくねと曲がりながら納まっている長い臓器です。腸を切り開いて腸粘膜の表面積を計算すると、驚くことに全身の皮膚の200倍になるとのこと。

食べ物は口から人間の体内に入り、胃で消化されたあとに腸の粘膜がその栄養素を吸収します。このとき腸は、栄養素である物質と、細菌やウィルスのような外敵とを素早く区別しなくてはなりません。

栄養素と外敵の区別を担っているのが免疫システムです。そして免疫組織を活性化するのが、腸内細菌なのです。

 

腸内の細菌バランスがどうやって形成されるのか

胎児の腸内は、子宮内と同様に無菌状態です。

しかし産まれると同時に外界のあらゆる菌類と接触し(空気の吸引、人間や寝具などとの接触、経口摂取する食べ物など)、それらが腸内へたどりつきます。生後翌日の赤ちゃんの大便からすでに、大腸菌、乳酸桿菌、クロストリジウム、ブドウ球菌などが検出されます。

赤ちゃんの免疫システムは、外界から侵入しようとする菌類と戦います。その度に腸内の細菌バランスが変化し、やがてはビフィズス菌が優位な、よい腸内細菌バランスが整ってきます。

成人の腸内には約300種類、数にすると約1000兆個、重さにして約1キログラムの腸内細菌が存在しています。どの菌が何個存在するといった細菌バランスは、指の指紋のようにひとりひとり異なります。

腸内の細菌バランスは、その人が生活する空気中に生息する菌の種類や、食事内容に左右されるものだわかってきました。

 

理想的な腸内細菌バランスとは

腸内細菌にはおおまかに分類すると、3種類あります。善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌です。

善玉菌とは、消化や吸収を促進し、免疫力を高めるといった有益な働きをするもの腸内細菌です。代表的なものに、ビフィズス菌などの乳酸菌類があります。

反対に悪玉菌とは、消化物に作用して有害物質を生み出し、免疫力を低下させたり、病気のリスクを高めたり、老化を早めたり、排泄のリズムを乱したりと、宿主である人間にとってはさまざまな悪さをする腸内細菌です。代表的なものは、ブドウ球菌、大腸菌、ウェルシュ菌などです。

そして日和見菌とは、善玉菌にも悪玉菌にも属さない腸内菌類です。ふだんはどちらの働きもしませんが、ひとたびどちらかの菌が優勢に傾くとそちらに加担して働きます。代表的なものは、バクテロイデス菌、レンサ球菌などです。日和見菌は人間で言えば、「長いものには巻かれろ」といったタイプの人です。

そしてこれら3つの腸内細菌の理想的な腸内バランスがわかってきました。

善玉菌2 : 悪玉菌1 : 日和見菌 7

この割合で腸内に存在することが免疫システムをほどよく活性化するのです(現時点で培養可能な菌のみを用いた実験による結果であり、だいたいの目安です)。